1. kokoroe powered by kakutoku
  2. 対談:企業とフリーランス営業職の幸せな未来

対談:企業とフリーランス営業職の幸せな未来

先日公開した記事「企業とフリーランス営業職の幸せなお付き合いで、著しい結果を残した営業職と企業のマッチング事例をご紹介しました。

この記事はその"延長戦"です。
対談にご登場いただいた
・鈴木 悠人さん(JapanWork株式会社代表取締役)
・河原崎 幸之介さん(参画した営業職)
が、語り合ってくださっています。

前回の記事に続き、「企業とフリーランス営業職のこれから」について、ヒントになることがあるかもしれません。

事業の安定は人の定着にかかっている

“正社員” “業務委託”といった雇用形態が昔ほど価値を持たない時代が来そうだ。
企業は長くコミットしてくれる人を欲しがり、フリーランスは自由に働きたいと思う。お互いの働き方や働いてほしい在り方の期待値をコミュニケーションで調整する大事さが増す。
そう考えると、企業とフリーランスの関係にも新しい未来が来そうだ。

河原崎さん
「正社員の方がいいものなんですかね?」

鈴木さん
「企業はフルタイムの人を欲しいんじゃないかなと僕としては思います。コミットの量とか変わってきますよね」

河原崎さん
「それは雇用形態の問題ではないような気もします。本質はどれだけコミットしてくれてるかだと思うんですよ。社長は多分すごいコミットをしてくれる人を探しているんだと思います」

鈴木さん
「まあそうですね。正社員はあまり辞めたりとかもないので。それは事業の安定性に繋がると思います」

長く定着するために必要なこと

長く働くことで会社のことが分かり、ナレッジも蓄積され、事業が安定する。それはそうだろう。ではその状況を生み出すために経営側と働く側で、何があればいいと考えるだろうか。

鈴木さん
「その人のモチベーションと会社でできることが合っているかではないでしょうか。長く続けるということは自発的にやっているということで、給料とかではなく自分がやりたいからやってくれている。その人はどういうことを自発的にやりたくて、それができる環境や仕事を提供できるか、その人の目指しているものを達成できるか、ですね」

河原崎さん
「それはあると思いますね。そこが逸れちゃうと関係性を作れないと思います。社長も採用の時にその辺りは見ていますよね」

鈴木さん
「その人が何を1番やりたいのか、将来どういうキャリアを描いているのかは聞くようにしています。その目標を達成するために弊社に入ることが最短ルートなのかが大事です。そういうことをヒアリングして判断しています。河原崎さんはどうですか?」

河原崎さん
「何をやったら僕が長く働いたかって言われたら、無いと思います。あくまで僕に関して言えばですけど。長く働くことがそもそもフリーランスとしていいのかどうか。フリーランスのメリットとして、短期のプロジェクトに複数参画できるというのもあると思うんです。長く居続けて働くことがそもそもいいのかというのがまずあります。そのなかで長く働くために何が必要かって言ったら報酬が高いことじゃないですか?自分の時給をどれだけあげられるか。時間効率。投資対売上。これだけの時間を投資して売上がどれだけ高いか。そういったことは考えると思います。時間単価が高かったら辞める理由は減りますから」

フリーランスの営業職を起用する企業は増えていく?

企業は長く続けてもらうことで安定する。フリーランスは短期で様々なプロジェクトに参画したい。その状況下で、企業とフリーランスはどういうお付き合いがいいのだろうかと考えさせられる。

河原崎さん
「フリーランスの営業を抱えていく企業は増えていく気はしています。売上の立たない営業職をずっと抱えておくとコストになる。それをアウトソーシングすると固定費が減って経営のスリム化ができる。それが営業職をフリーランスにするメリットだと思うんです」

長く働いてもらいたいというニーズと、固定費を減らしたいというニーズ。その1つの解がフリーランス営業職の活用なのかもしれないが、フリーランス営業職が長らく同じ職場に留まっているというのも難しい面がありそうな気もする。企業とフリーランス営業職のこれからを考えるうえでこの辺りに1つの鍵があるかもしれない。

 副業・フリーランスという働き方に興味があるなら
営業職からの提案を求めている会社があります 

142dce1de72e978f716316d35c2dad4a-1024x308-2