ITベンチャーからフリーランス営業職へ転身、そして独立へ!

ITベンチャーからフリーランス営業職へ転身、そして独立へ!
LINEで送る
Pocket

フリーランス営業職として活躍され、最近法人として活動を開始された松浦光輝さんに、独立の経緯や今後の意気込みについてお話を伺いました。

松浦 光輝さん
関西大学、政策創造学部 政策創造学科卒業後、ITベンチャー企業へ入社。サイト制作・運用からWEBマーケ、新規事業の立ち上げ、営業を経験した後、フリーランス営業職として活躍。2018年3月に株式会社バーチャルテックを設立。

これまでの経歴を教えてください。

大学卒業後、ITベンチャー企業にてサイト制作・運用、webマーケ、新規事業の立ち上げから営業までを経験しました。離職後、仲間内でV-tuberを売ろうというプロジェクトがあり、会社を立ち上げました。

会社は2018年に立ち上げていたものの、直近までは営業代行会社に所属し、個人のフリーランスとして営業支援を行っていました。

今回法人として活動を始めた経緯を教えてください。

2019年12月より営業代行会社を卒業し、法人として活動を始めました。

学生時代によしもと養成所の人とルームシェアしていたんです。その時にみんながお金が本当にない中、夢に向かって毎日頑張っている姿を見て、かっこいいなと感じていて。自分も将来好きなことで独立したいと思っていました。ルームメイトたちにはとても良くしてもらったので、自分が頑張ることで恩返しをしたいと思っています。

代行会社で営業支援を経験し、徐々にクライアントと直接やり取りがしたいと思うようになりました。クライアントに対して、自分からの発信でどれだけの価値を提供できるかを考えるようになり、独立を決めました。

元々はウェブ制作やマーケティングの経験も豊富ですが、営業を選んだ理由はなぜでしょうか?

もともと大学時代にバイトでテレアポやアウトバウンド、通信系の訪問の飛び込みをしていました。大きなマンションを見るとすごく嬉しくて(笑)今思うと元々営業肌だったんですね。人と接することも好きだったので。

実際にそれが体現できたのが、営業代行会社での仕事でした。代表と一緒に仕事をやらせていただくなかで、お客様とどれだけ向き合えるか、どれだけ満足してもらえるかを考えながら仕事をすることが楽しいと感じました。その結果、お客様の売り上げにも繋がる実感があったことも魅力でしたね。常時2~3件案件を任せていただきながら、他案件ではマネジメントに携わったりと、この1年間で自信にも繋がりました。

得意な分野や営業手法は何ですか?

人材系、ウェブ系商材は得意です。研修周りも依頼があればできます。好きな商材は、新規でサービス力が強い商材です。要はマーケティングがしっかりできていて、差別化できている商材。逆にマーケティングが弱い商材の場合でも、一緒に戦略立てから取り組めるのも嬉しいです。

得意とする営業手法は、数値に基づいた営業です。実際にデータを取って諸々お話を伺い、アポ取得率やクロージング率を向上させた実績もあります。

これはプレーヤーとしてではなくマネジメントで動くイメージですが、仮説を立てながら実行し、その中で出た数値を元にターゲットを変えるのか、伝え方を変えるのかを検証し、日々PDCAを回していきます。

具体的には訪問した際に顧客の声をヒアリングすることで、サービスが悪いのか、設計が悪いのか、課題を洗い出しながら解決し、お客様に届けるということを繰り返しやっていきます。

今後はどのような仕事をしていきたいですか?

ただの営業アウトソーシングではなく、しっかりと一緒の方向を見られる企業様と丁寧な仕事がしたいと思っています。一番はクライアントのエンドユーザに対して何が提供できるか、目線を合わせてやっていきたいです。これでいいやではなく、お客様を深掘りして寄り添うことができるかです。営業支援を軸に、次のステップアップは検討中です。

弊社のメンバーも自分に似たタイプは多いです。あとは飛び込みがめちゃめちゃ強そうな人もテスト的に入れてみたりしています。様々な依頼に対応できるよう、たくさんの「色」を入れて行こうと思っています!

これから営業代行会社の立ち上げを視野に入れているフリーランス営業職の方へ、何かメッセージはありますか。

案件が増えてきて、自分1人で回せなくなってきたら代行会社の立ち上げ時です!アドバイスは、kakutokuを使うのが1番いいということ(笑)。案件の取得と人を探すことは会社にとって大きなコストなので、全部一人でやろうとすると結局スピードが落ちてしまいます。一気にやりたいことや目指したいところがあるなら、プラットフォームを使うのが最速です。

今後kakutokuに期待することを教えてください。

アウトソーシングの中で日本で1番顧客と向き合う仲間として、一緒に価値提供を行って行きたいです。kakutokuの市場を取りに行くためにもWin-winで動けるようにしていきたいです!

kokoroe編集部から
何よりもお客様を1番に考え、全力で課題解決をしていきたいという意気込みが印象的でした。数値に基づいた営業手法と松浦さんの明るいお人柄でお客様に寄り添ったソリューションが提供できると感じました。これから法人としてのご活躍をお祈りしております!

LINEで送る
Pocket

営業職インタビューカテゴリの最新記事