1. kokoroe powered by kakutoku
  2. フリーランスの営業職が会社を辞めた経緯と、今どう働いているのかの話。

フリーランスの営業職が会社を辞めた経緯と、今どう働いているのかの話。

吉岡 一樹(よしおか かずき)さん
1986年生まれ。前職は大手広告代理店の営業職。昨年(2016年)末に退職し、現在は表参道にある営業コンサルティング会社の社長秘書をしながら、弊社サービスkakutokuにて営業職としてご活躍されています。また、とあるご縁からご自身の長女が産まれた助産院のコンサルティングも行っており幅広く活躍中。「会社員の道を捨てて安定がなくなった。だからこそ”来月どうしよう”と必死になることで生きている感覚を味わっています」と言いつつ、その生活を「都会のサバイバル」と自ら称して楽しそうに語ってくれました。

吉岡さんは温和な笑顔の優しい人だ。
穏やかに話ができる。
そして頑固で素直だ。

疑問があったから会社を辞めた

大手の広告代理店の営業職だった。
今の状況になる前のことだ。

(吉岡さんの前職時代にエピソードは、前回のインタビュー記事「フリーランスの営業職の強みを活かして本当に顧客のためになることをやる。」もご覧ください)

広告費のセルアップの提案をした。
広告の文言変更の提案をした。
web媒体に書く記事の内容の提案をした。
新店舗を出したいお店のために不動産を探す協力をした。
新店舗を出したいエリアのマーケット調査に協力した。

既存顧客のフォローアップとはいえ、できることがたくさんあった。
新規顧客への広告提案とは全く性格の違う仕事だ。
「中にいる人たちが気が付かない意見を伝えてました。風穴空けるみたいな感じです」

自分のできることを色々やった。
一方で、人力を介さなくてもサービスの仕組みでできてしまう仕事もたくさんあった。
「結果に対する営業職の貢献パーセンテージはあまり高くないと、やりながら思ってました。会社とサービスの看板が強いので」

上層部から降りてくる戦略や指示が、本当に顧客のためになっているのか疑問を感じたこともあった。

「お客さんには伝えるけれど、反論されたら”ですよね”ってなってましたね。その状態で営業をするのが葛藤でした」
自分が本当にいいと思っていないと顧客に勧められなかった。
嘘をつけなかった。
吉岡さんはそれを頑固だと言う。
頑固じゃなくて、素直だ。

吉岡さん 後編 挿入カット1

 

偶然の出会いが紡ぎ出したkakutokuとの出会い

吉岡さんがkakutokuと出会ったのは、いくつかの偶然が作用していた。

ある元外資系金融機関の営業職の方と、独立して会社を営んでいる営業職の2人が対談していた記事を読んだことから全ては始まる。
ともに凄い営業職だ。

数か月後、そのうちの1人が登壇するセミナーに行った。
「普段セミナーって絶対行かないです。記事で拝見した方のセミナーだからたまたま行ってみようと思っただけです」

その後、その人から紹介された別のセミナーが運命を分けた。
「その別のセミナーに行ったら、それがkakutokuのセミナーだったんですよ」
そこでkakutokuに夢中になった。
「これは凄い!すごくいいサービスだなってすぐに思いました」

kakutokuとは?
優秀な営業職と、営業に課題を抱える企業のマッチングを行う、営業支援のサービスです。
営業職は自分のスキルやつながりを活かして活躍の機会を広げることができ、企業は外部の営業職を起用することで自社の営業課題を克服することができます。
約350社の企業と2,000名近くの営業職が登録しています。
>> 詳しくはこちら

どんなところに惹かれたんだろうか。
「業界をぶっ壊しに来てる感じですかね。既存の営業という仕組みをぶっ壊して営業職の新しい常識を作る感じに惹かれましたね」
ためらいなく激しいことを言う。

営業は売るのが仕事だ。
売り物を作る技術はない。
kakutokuを使えば自分の営業リソースを活用して稼ぐことができる。
プロダクトを売りたい企業側も、スピーディーに営業職を集められる。

「営業職にも企業側にも良いマッチングサービスで、これは絶対広めたい!と思いました」
偶然の巡り合わせが大ファンを生んだ。

kakutokuを使って働く

今、kakutokuの仕事である商材を担当している。
その商材を扱っている数人の営業チームの統括をされている。
チームの数字の管理をしながら、自らも営業に行く。
プレイングマネージャーだ。

「今月から統括的なポジションにシフトしましたけど、先月までは現場一本でした。そこでしっかりと成果を出すことでクライアントも信用してくれたのだと思います」

吉岡さん 後編 挿入カット2

 

kakutokuの魅力

「kakutokuの魅力は、ひとり代理店ができることですね。自分の顧客に対して最適な解決策を提示できるようになると思います。自分の商材だけだと解決できないことも、kakutokuのリソースを使えば解決できることもあるって思います」

この商材とこの商材を組み合わせたらこういう提案ができるのに。
自社の商品では解決できないこともこっちの商品を使えば解決できるのに。
一度くらいこういうことを考えたことがある営業職もいるだろう。
kakutokuはそれができる。

「担当する商品と相性のいい販路を既に持っている人は、自分のもともとの商材にプラスして営業できるからすごく楽に営業ができると思います」
企業も、既に販路を持っている人を素早く採用できる。
ポートフォリオの出番だ。
win-winのマッチングができる。
大ファンの人から、自社の魅力を改めてたくさん教えてもらえた。

▼あわせて読みたい、吉岡さんのインタビュー記事はこちら
営業はコンサルティング能力が命?集客で結果を出した提案の美技
フリーランスの営業職の強みを活かして本当に顧客のためになることをやる。

▼ 副業・フリーランスという営業の働き方に興味があるなら
営業職からの提案を求めている会社があります

142dce1de72e978f716316d35c2dad4a-1024x308-2