個人事業主から営業支援会社立ち上げ。法人設立の経緯や働き方の満足度は?

個人事業主から営業支援会社立ち上げ。法人設立の経緯や働き方の満足度は?
LINEで送る
Pocket

登録初期はSA*として、現在はカクトクの認定パートナーとして活躍されている、株式会社Apnoble代表の丸井さんに法人設立の経緯や現在の働き方についてインタビューしました。営業フリーランスや法人化を検討されている方はぜひご覧ください!

*SA=Sales Agentの略、カクトクで働くフリーランス営業人材の総称

<お話を伺った方>

株式会社Apnoble 代表取締役 丸井香織(まるいかおり)氏
25歳で温浴施設を立ち上げ、事業統括を担当。同社にて、燃料販売部門を含む会社全体の経営管理、事業企画、資金管理、採用、法人・個人営業等幅広く経験。その後、WEB広告代理店の新規開拓法人営業、テレワーク特化型人材エージェントの事業部の立ち上げ・法人営業を経て個人事業主として独立。インサイドセールスの立上げ、新規事業における営業戦略立案・営業体制構築、KPI設計、トークスクリプト・営業資料作成等、多彩な実績を強みに株式会社Apnobleを設立。
https://apnoble.co.jp/

カクトクに登録したきっかけ

ー丸井さんのこれまでのご経歴について教えてください

私の実家は経営者が多く、幼いころから経営というものを身近に感じていました。そのような環境で育ったこともあり、私自身も温浴施設や人材エージェントの立ち上げに参画したり、燃料販売会社の会社経営を任されたりと、自然と経営者に近い立ち位置の仕事に関わるようになっていきました。

また、Web系の企業の営業やSaaSの新規サービスの営業部長なども経験し、営業という職種にも魅力と面白さを感じておりました。

一方で、私自身はコーチングに興味があり、コーチングの勉強を続けていました。起業のために個人事業主になった当初は、コーチングを事業内容にしようと考えていたのです。

ただ有難いことに、個人事業主となってからも、会社員時代のお客様から営業のお仕事をいただいたり、営業の仕事を手伝ってほしいなどのご相談を多くいただいておりました。その頃に、コーチングよりも営業の仕事で開業した方が良いのかな、と考えるようになったのです。

ーカクトクに登録したのはどのようなきっかけでしたか?

個人事業主として営業の仕事の依頼を多くいただいくようになった頃にカクトクさんを知り、まずはSAとして登録しました。

当時は個人事業主でしたが、既に営業チームがあり、付いてきてくれるメンバーがいました。そのため暫くしてチームを法人化し会社を立ち上げることにしました。そのタイミングでカクトクさんではSAから認定パートナーへ変更したのです。

会社の事業内容は営業代行とコーチングですが、営業の依頼が増えてきたため、現在は営業代行を中心に提供しています。

現在のサービス内容

ー現在はどのようなサービスを提供されていますか?

当社では「サービスや商品に自信はあるのに、売れない・売り方が分からない」といった営業課題を抱える企業様に対して、その想いを伝えるためのトータルソリューションを提供しています。

営業支援内容としては、

  • サービスに込めた情熱や背景を丁寧にヒアリング
  • 戦略立案~ターゲット選定・シナリオ作成~実行
  • インサイドセールスチームの組成・運営
  • 営業資料の作成

などをお客様に合わせて組み合わせ、対応しています。

商材は、有形はもちろん無形商材も得意としています。私自身が特にIT業界やSaaS業界に知見があるため、営業活動にも自信があります。

カクトク利用の感想

ーカクトクを利用してみての感想はいかがですか?

実際に利用してみてカクトクさんにはたくさんのメリットがあると感じていますが、特に、さまざまな案件を提示してくださるところが本当にありがたいです。

営業代行を提供している会社にとっては案件の開拓が常に必要だと思うのですが、日常業務がある中、新規開拓に割けられる時間やリソースが限られているのが現状だと思います。当社も少数精鋭で経営しており、できる限り本業に集中したいのが本音です。

そのような状況で、毎月たくさんの案件をご紹介してくださるカクトクさんの存在はとてもありがたいです。カクトクさんに案件の開拓をお任せできているからこそ、当社は会社本来の業務に集中でき、結果を残せているのだと思います。

ーありがとうございます!どんな方にカクトクの利用を薦めたいですか?また、どんな方が向いていると思いますか?

営業に関わる全ての方に利用してほしいですが、中でも起業したいけれど何をするべきか分からない方や、今後のキャリアに悩まれている方にぜひおすすめしたいです。

カクトクさんには多種多様な商材や案件があるため、取り組んでいく中でご自身の強みや弱みが分かってくるはずです。案件を通して様々な経験を積み、多くの人と出会う中で、新たな将来のキャリアビジョンや目指したい姿が見えてくるのではないでしょうか。

現在の働き方について

ー働き方という観点ではいかがでしょうか?

営業はやるべきことさえ把握して行動できれば、自分自身で時間を自由に決められるので、子育て中や介護をされている方でもキャリアを継続しやすいのではないでしょうか。

例えば、午前中はテレアポ業務をして、お昼は家事をしてから午後は商談する、など自分のペースで進められます。最近では営業活動もオンラインが主流となったので、例えば地方に住んでいても、パートナーの転勤で海外に引っ越しても仕事を続けられます。

どんな環境でもご自身のキャリアを途切れることなく維持できる、というのもカクトクさんを活用する上で大きな魅力だと考えています。

ー丸井さんの現在の働き方について教えてください

個人視点では、自分でやりたい仕事を選択できて、好きなメンバーやお客様と仕事ができているので、やりがいがありとても充実していると感じます。

カクトクさんが多くの仕事を提示してくださるので、その中から仕事を選び、商談して進めていけるのが本当にありがたいですね。

経営者としては、私がコーチングの資格を持っていることもあり、社員に対して「この子にはこの業務が向いているからやらせてあげたい」とか「この子にはこういうスキルが不足しているから、こういう業務で学ばせてあげたい」という、人を育てるという視点をとても大事に考えています。

カクトクさんは様々な商材や業種から案件を自分で選べるので、それぞれのメンバーに合う仕事を提供できるのも経営者としては助かっています。

今後の展望

ー今後どのようなお客様と一緒に働いていきたいですか?

「仕事を通じて、よりよい社会を作っていきたい」という当社の価値観に共感していただける企業様のお手伝いができたらと考えています。

私は「仕事は社会貢献のためにするものだ」と考える経営者家庭で育ちました。そのため、もちろん利益を追求することも大事ですが、仕事をする上で、何よりも社会貢献を一番に考えています。その考えが会社の理念にもなっているので、価値観に共感してくださる方と一緒に仕事をして、サポートしていきたいですね。

また、自社の商品やサービスに自信がある企業様の支援も、どんどんしていきたいです。自社の商品やサービスに自信があれば、私たちも自信を持って営業できますし、一気通貫でサポートができます。

自社の商品やサービスに自身はあるけれども営業力には自信がない、そのようなお悩みがあれば、ぜひお声がけいただきたいです。

ー今後の展望について教えてください

営業活動に関わることは、当社に聞いていただければ何でも解決できる、というような環境を作っていきたいと考えています。「営業の総合商社」として、営業活動を一貫してサポートし、お客様に頼りにされる、そんな会社にしていきたいです。

社内体制的には、人材育成にもさらに注力したいと考えています。現状営業研修やディレクションは私自身も関わっている状況なのですが、それに対応できる人材も育てたいですし、様々な計画を立てています。

また、その過程でナレッジが蓄積されていくと思うので、そのナレッジを、例えばSAさんに提供していけるような、そんなコミュニティやコンテンツを作っていきたいですね。


個人事業主から法人化され、現在はカクトク認定パートナーとして活躍中の丸井様にお話しを伺いました。クライアントや社員に対して真摯に向き合い、ご自身も「仕事を通じてより良い社会を作っていきたい」という信念に基づいて仕事をされている様子がインタビューからも伝わってきました。
営業の独立において課題になるのが継続的な案件の獲得ですが、カクトクでは企業と営業フリーランス(営業代行会社)の案件マッチングをサポートしています。
営業での副業や独立を検討されている方は、ぜひカクトクで案件を探してみてください!法人設立後は人材面や経営面での支援も行なっています。
・営業フリーランス・副業の方はこちら(登録無料):https://kakutoku.jp/
・営業代行会社の案件探しはこちら:https://kakutoku.jp/salesagency

LINEで送る
Pocket

営業職インタビューカテゴリの最新記事